八ヶ岳別荘生活R75HZのブログ

中古別荘購入から生活できるまでの準備、別荘生活、八ヶ岳周辺のお店などについてのブログです。リタイア後は、八ヶ岳に定住する予定です。

珈琲

おいしい珈琲豆

八ヶ岳アウトレット内の珈琲焙煎ショップ「プリムビーンズ」で買ったケニアをレッスン先の先生に持って行ったら、 後日 「あれは、とてもおいしかった。」 「豆を砕いたときに、同じ重さでも重いというか、密度が大きいみたい。」 「困った。」 「ますます、…

焙煎したての珈琲豆

焙煎直後の豆で珈琲を淹れると、二酸化炭素などのガスが多く発生しているので、ガスによって抽出が妨げられて(ガス発生で湯が珈琲の粉に触れたり触れなかったりで)、味が安定しないそうです。そのため、3日後ぐらいから飲み始めると良いと言われています。…

珈琲 蒸らしの湯

ペーパードリップで珈琲を淹れるときに、少量の湯で珈琲の粉を蒸らします。この時、湯の量を多めにしてしまうと、粉が含むことができる湯量を超えてしまうため、蒸らしている段階で思っていた以上の湯(珈琲)がサーバーに落ちてきます。 今までは、「蒸らし…

珈琲の抽出温度

静岡の気温と比べて、八ヶ岳標高1000mでは、約6~7℃低くなっています。太陽の下では暑さを感じますが、木陰に入ると涼しくてとても過ごしやすいです。 避暑地でリラックスしていますので、こんな時にはビールといきたいところですが、まだ夕食や買い物に出か…

珈琲・・・こんな淹れ方もある

私の淹れ方は、ペーパーフィルター(白)を使ってのドリップ式です。 ドリッパーは、円錐形の「コーノ式」(ハリオもほとんど同じ)です。ほかに、3つ穴のカリタ式、1つ穴のメリタ式があります。いつも2人分ですので、扱いのやや面倒な布フィルターは使って…

デロンギ 珈琲ミル

別荘で珈琲を飲むときには、手動ミルで「ゴリゴリ」挽いていましたが、とにかく時間がかかります。いつも2人分ですので、それぐらい大した手間ではないと思いながら、水を沸かす時間よりもかかるって、・・・ねえ。 それで、ついに買ってしまいました。 デロ…

カリタウェーブ

前回、珈琲の抽出にはコーノ式(ハリオ式も)を使っていると書きましたが、エスプレッソ直火式のビアレッティを調べているうちに、カリタでペーパーフィルターがウェーブ式のドリッパーがあることを見つけて、さっそく注文してしまいました。 フィルターに特…

エスプレッソ珈琲

長年、ドリップ式で珈琲を淹れてきました。途中、サイフォン式やプレス式にも興味がわきましたが、カリタ式からコーノ式・ハリオ式にとサーバーの形を替えたぐらいでした。 左:カリタ式 右:ハリオ式 (訂正:コーノ式とハリオ式を混同していました。) 今…

水温計って、こんなにも違う?

珈琲をドリップするときに、温度計を使って水温を測ります。焙煎の深いコーヒー豆では、やや低めの83℃、浅いコーヒー豆では87℃ぐらいで淹れています。 ところが、別荘でも温度計を使いたいと思い、今回はデジタルを買って自宅で使ったところ、なんと4~5度の…