読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八ヶ岳別荘生活R75HZのブログ

中古別荘購入から生活できるまでの準備、別荘生活、八ヶ岳周辺のお店などについてのブログです。

第1回 物件見学

初めての物件見学です。
ネットで物件の情報が詳しく載っていて、雰囲気が良さそうな不動産業者見つけ、そこへ行くことにしました。
 
その前に、以前お世話になったペンションの方に、知り合いの業者を紹介してもらおうと連絡したら、なんと!こちらが良いと思った業者を紹介してくれました。
 
これで、心配なく行くことができます。
前もって気になる数件の候補を挙げておいて臨みました。
 
ところが、予算を話すといきなり、
「1000万円以下の物件はありませんよ。1500万円前後の物件がいいと思います。」と勧められました。(ちょっと冷たい?いやいや親切にも、満足する物件はそれぐらいですよ、と言っているのでしょう。)
 
いや、でもWeb サイトには、1000万円以下の物件があるでしょ?
こちらにも予算があるものですから、まずは、1100万円の物件から見学することにしました。
 
1件目は、長坂の土地90坪、2LDK駐車場2台、目の前に道路を挟んで建物があり、南側に木が3本あるので、やや圧迫感がある。なんかボロッとしている。1100万円は高すぎる、700万円でも買わないな。
 
2件目は、小淵沢の120坪の3LDK 駐車場2台、車庫1台で950万円。
とても気に入ったが、室内がやや荒れているのが気になり、あせって買うこともなくやめにした。家が築30年と少し古かったので、950万では少し高い気がした。
 
3件目は、長坂の190坪 4DK+ロフト1280万円の値下げ物件。
築24年の割りにきれいで、丁寧に使われていたことがわかる。リビングはダイニング+6畳和室、ほかに3部屋もあり収納も多い。価格も納得のレベルだ。土地は十分の190坪。なぜ売れないんだろうと不思議に思った。
「あと100万安くします」なんて言われたら、買ってしまいそうな気がした。
 
あと100万と言ったら、すぐに「無理!」と否定されてしまいました。
(そこは、無理でも、交渉するのが仕事でしょうが・・・。)
もう価格が限界なのかもしれません。でも、この価格でも売れ残っているのですから、交渉する余地はあると思うのですが。
 
都会のお金持ちがホイホイと買っていくので、値下げ交渉なんて必要ないのでしょうか。売主側に添っている気がして、これぐらいで買いなさいよと言われている感じがしました。
 
不満な点としては
・北側の隣家が近すぎる(この理由でやめることにしました)
・南側の赤松の森が日光をさえぎる
・近所で犬の吠える声がする
・進入路が細くくねくねしている
 
別の業者にも当たってみようかな・・・。