読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八ヶ岳別荘生活R75HZのブログ

中古別荘購入から生活できるまでの準備、別荘生活、八ヶ岳周辺のお店などについてのブログです。

地図作りで道に迷う

失敗したこと

別荘(こちらの地区)へ来る道を説明しても、わかりやすい目印となるものが途中からないし、近くにきても、他人の敷地に看板を立てられないので、多くの人が道に迷うらしい。それで、長坂インターチェンジを降りて別荘へ向かう道の「交差点を写真に撮り、距離も測って」、案内地図を作る予定です。

また、大泉駅から別荘に向かう道も同様に作ろうと(まずは慣れておこと思い)、普段南から北へ向かって大泉駅に抜けていく道を「逆にたどろう」としたら、夜だったので、1本道を間違えて行き止まりの別荘地に入ってしまいました。

なんか違うなと思ったときには、もう遅くて、周りが暗く道が狭いところだったので、車の向きを変えるのに一苦労でした。

ナビがあるんだから、もう少し慎重に走ればいいと思うでしょうが、登録しても(地点にGoal旗は立つ)ナビが案内できない林の中ですので、G旗の位置を目安にナビを見ながら、この辺りだったよねと記憶を頼りにした結果でした。(^^; 夜だし、同じようなカーブだったので間違えてしまいました。

逆の道をたどるときに、2本の道が1本になるのではなく、1本が2本になる分かれ道があると景色が反対になることもあり、迷いますね。

 

定住されている方から、長坂ICまでの近道を教えてもらったので、これに懲りずに、教えられた道をナビを見ながら確かめてみました。「ここからまっすぐ行ったら、ICの手前に出るので、右折してすぐだよ。」と言われましたが、以前、近道がないか調べたときには、まっすぐの道はなかったので、どうなるかドキドキでした。

結果

確かにまっすぐでした。ナビでは曲がったところがありましたが、道なりに進めば右左折することもなく「まっすぐ」と言えます。でも、途中細い道がありますので、そこは迂回して行ったほうがトラブルなく行けそうです。

慣れたら問題ありませんが、逆の長坂ICからの道のりは、意外と苦戦します。分かれ道があって、悩むところがあるからです。

 

それで、初めての人用には、「幹線道路を使った、わかりやすい目印がある交差点を通るルートで案内地図を作りたいと思います。