読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八ヶ岳別荘生活R75HZのブログ

中古別荘購入から生活できるまでの準備、別荘生活、八ヶ岳周辺のお店などについてのブログです。

八ヶ岳PA(上り)

お勧め飲食店

24日(日)、遅いお昼をどこでしようかと小淵沢方面に進むと、午後1:30ごろというのに、どのお店にも多くの車が停まっています。交通量も多くなってきていますので、暑くなるにつれ八ヶ岳を楽しむ人たちが増えてきていますね。

それではと、中央高速八ヶ岳PAにレストランがあることを思い出し、こちらは大丈夫だろうと行ってみました。小淵沢ICから東京方面に進みます。2時近くなのに、満席です。券売機でてんぷらそば(1,000円・安い)を購入して少し待つと席が空きました。食事が終わるころに周りを見ると、空席が目立ちます。どうもピーク時に来たようです。

八ヶ岳PAには、一般道から入れますので、「清里カレー」や「そば」が食べたくなったら利用してもいいですね。

おいしい蕎麦と天ぷらをいただき、満足して帰途に就きました。途中、富士川町の道の駅「富士川」に寄ると、ここも満車。どちらも混むときに入ったようです。少し時間をずらすと混まなかったのに、こういうことってよくありますね。

 

何回も八ヶ岳まで往復していることが理由なのか、今回(7月23、24日)不思議なことに、車と自分が一体化している感覚を覚えました。車の一部として運転席にいて、滑らかな乗り心地で気持ち良く運転しているのです。

こんな感覚は久し振りです。

私の車は、16年目の2.5L車です。軽自動車を買い取りに出して、15年落ち(36,000km)を追い金することなく買いました。現在9か月で48,000kmですので、1か月に1,300km乗っています。たくさん乗っているので、馴染んできたともいえるのでしょうか?(^^

もう1台所有の車は、18年目(82,000km)ターボ付きの軽自動車です。13年落ち(48,000km)を購入して、現在5年目です。この車とも相性が良く、アクセルを踏んだら、こちらが期待する加速・レスポンス(アクセルに対しての反応)がぴったりで走ります。速い車ではありませんが、気持ち良く運転できます。

クルマとの相性は、短い試乗ではわからないでしょうから、自分に合った車かどうかは運とも言えますが、わかる方法があります。それは、レンタカーで半日乗ることです。

以前に、2年で飽きてしまった車の後、今回は失敗できないなあと決断できないでいたとき、ディーラーの担当者から「レンタカーで半日(あるいは1日)走ったら?」と言われました。

そこで、半日借りて走ったところ、軽自動車ノンターボなので加速は悪いけれど、コーナーリングが気持ち良く乗っていて楽しかったので、購入に踏み切ったことがあります。その車には、20年乗りました。

相性の良い車と出会えることも幸せなことです。