八ヶ岳別荘生活R75HZのブログ

中古別荘購入から生活できるまでの準備、別荘生活、八ヶ岳周辺のお店などについてのブログです。リタイア後は、八ヶ岳に定住する予定です。

XV 乗り心地が変わる

スバルXV 2.0Lタイプにして、「あれっ?失敗したかな。」と思ったのが、乗り心地でした。

試乗の時には、2.0Sタイプの乗り心地が思いのほか良く、1.6Lタイプとあまり差を感じることができませんでした。軽さでは1.6Lで、しっとり感では2.0Sのほうが良いかもしれないと思うほどでした。

エンジンの重さから、2.0Lタイプであれば(1.6Lより)もう少ししっとりするとの予想から、価格も予算通りの2.0Lを購入しました。(この時には、2.0Lの試乗車がなかった。)

納車されると意外やゴツゴツ感があり(エコタイヤ装着)、期待していた乗り心地とは言えません。これなら、次回は燃費よりも乗り心地重視の「コンフォートタイプに交換だな」と思っていたんですね。

ところが、走行距離5000㎞を少し超えたあたりで、今までの乗り心地が変わったことに気づきました。ややゴツゴツしていた感じから、急にフラットになったというか、ゴツゴツ感がなくなったものだから、びっくりしています。(もちろん、エア圧はチェック済みです。)

これなら、無理に替えることもないし、いや、逆に悩んでしまいますね。「もっと乗り心地を柔らかく」を期待して、価格が高めのコンフォートタイプにしようか、やめようかってね。 

(2018・5追記)

乗り心地が変わったのは、タイヤローテーションをしたからではないかと思われます。なぜ、それで変わったのかはわかりませんが、以前の車も新品タイヤの後、しばらくしてローテーションをしたら乗り心地が良くなったことがありましたので、「そうなのだろう」、と手元にある日記を読み直して気づきました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ