八ヶ岳別荘生活R75HZのブログ

中古別荘購入から生活できるまでの準備、別荘生活、八ヶ岳周辺のお店などについてのブログです。リタイア後は、八ヶ岳に定住する予定です。

困った 自動ブレーキ

前方の車との距離が短くなってきたり、前方の歩行者やバイクに気づかなかったりしたときでも、自動ブレーキをかけてくれる「アイサイト」ですが、別荘からの帰りに少し怖い思いをしました。

ある郊外の時速50㎞制限の右カーブで、

「突然」

「ブレーキ」

がかかりました。

「えっ?なに?」

すぐにアクセルを踏み、後ろの車からの追突を心配しました。そこは緩いカーブでしたので、特にブレーキを掛ける必要もないからです。幸いにも100m以上離れていましたので、何の問題もありません。

 

急ブレーキの原因は、道路左側の前方に

「自転車が走行」

していたからです。

カーブですので、車にとっては真正面に自転車がいるわけです。このままでは追突してしまう・・・。

「はあ~・・・。」

今までも、右急カーブの時には「前方に障害物(=ガードレール)がある」警報を経験していましたが、今回は、そこに自転車が至近でいたために急ブレーキとなったわけです。

自転車の横を走り抜けるときには、注意が必要です。

「・・・って」

「どうやって?」

「減速するしか」方法は、ないのでしょうか?

 

ネットで調べると、

「減速をする」(アクセルを緩める)

「ブレーキを踏む」(自動ブレーキがキャンセルされる)

「アクセルを踏む」(ブレーキがかかった後に)

「自動ブレーキをキャンセルしておく」(誤作動しやすい環境では)

「十分注意する」(・・・経験を積むしかないのか?)

など、決定打はありません。

前方に障害物があるような状況では、自動ブレーキがかかるかもしれないと思って、十分に注意するしかなさそうです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村