八ヶ岳別荘生活R75HZのブログ

中古別荘購入から生活できるまでの準備、別荘生活、八ヶ岳周辺のお店などについてのブログです。リタイア後は、八ヶ岳に定住する予定です。

太陽光発電 故障

14年前(2004)に太陽光発電を自宅の屋根に設置したと同時に、オール電化にしました。ガス代がかからず、1日を時間別に3タイプに分けての料金体制になったため、電気代も大幅に下がりました。

太陽光のパネルなどの費用を、14年間で支払い終えたと思ったところに、停電をきっかけにパワーコンディショナー(コントロールパネル)が壊れてしまいました。「F58」と言う表示が出て、すぐにネットで調べました。

「げっ!交換か。」

f:id:yatsugatakelife:20180628154349j:plain

売店とは連絡が取れませんでしたので(廃業)、いつも電化製品でお世話になっている電気屋さんに電話をしました。保証書があれば、大丈夫とのことでした。

・・・

私のパネルは、4.32kwの出力です。

4.0kwまでが25万円で、それを超えると33万円なんですよ。

「高いよ~。」(TT

 

今後は、利益だけを生み出してくれるものですから、33万円の出費を躊躇している暇はありません。コンディショナーの交換をすることにしました。だいたい15年前後で壊れ交換するようですので、まあしかたがないと思っています。(パナソニック担当者によると、この辺りの実績では、そんなことはないそうです。もっと長寿らしいです。)

ギターを買うつもりの費用が、そのまま太陽光発電の修理にスライドしてしまいました。

「え~~~、ギター、欲しいよう。」

 

そう思っていたら、メーカーから担当者が様子を見に来てくれまして、4kwを超えていますが、実際はその80%の発電量なので、特に問題ないそうです。現在付いているものも、4kw用だそうです。それ以上の発電があった場合には、電気に変換されないだけで、壊れることはないそうです。まあ、めったに4kwを超えることはないそうですので、十分だそうです。

「な~んだ。」

「それなら、25万円で済むじゃん。」

 

ギターは・・・どうしよう。(^^;

 
にほんブログ村