八ヶ岳別荘生活R75HZのブログ

中古別荘購入から生活できるまでの準備、別荘生活、八ヶ岳周辺のお店などについてのブログです。リタイア後は、八ヶ岳に定住する予定です。

叔父の家 売却

やっとです。

時間がかかりました。

物件を担当している不動産屋さんの知り合いで、難物件も扱っている業者さんがいて、1か月間の検討(水道、電気、トイレ、風呂が現状で使えるかどうかもチェック)後、問題ないことが分かりましたので、引き取ってもらえることになりました。

もちろん、売却益など出ようはずもありません。

持ち出しです。

家財処分、樹木の伐採、草刈り、登記費用、売買手数料などでかかった費用を売却額から引くと、こちらが思っていたマイナス100万円以内に収まりました。このまま持っていても、固定資産税、火災保険で10年35万円かかります。これに、草刈りを毎年頼むとなると、さらに10年20万円かかります。

この家を利用しない場合には、マイナスでも早く処分したほうが、経済的にも精神的にも楽になります。

マイナスにしたくない場合には、「太陽光発電」が一番適していると思います。少なく見積もっても、20年間で固定資産税、火災保険費用を払いつつ、初期投資額を回収できると思います。ただし、これはとても気の長い話ですし、私の年齢を考えると、息子に引き継がせることになり、面倒なことを押し付けるようで気が引けます。

それで、結局持ち出し100万円以内であれば、叔父の残してくれた遺産内に収まりますので、すっきりさせる売却を選んだわけです。

持ち出し額が100万円を大きくオーバーした場合には、たぶん太陽光発電を選択していたでしょう。

 
にほんブログ村