八ヶ岳別荘生活R75HZのブログ

中古別荘購入から生活できるまでの準備、別荘生活、八ヶ岳周辺のお店などについてのブログです。リタイア後は、八ヶ岳に定住する予定です。

郵便物の転送

叔父の家が売れましたので、郵便物の転送を「叔父の地元の郵便局」へ手続きに行ってきました。(旧住所以外の郵便局の場合には、手続きに少し時間がかかるようです。)これで、1週間後から1年間、叔父の郵便物が私の所へ送られてきます。

必要なもの

・免許証 

・印鑑 

・旧住所・新住所が分かるもの

念のために、続柄が分かる遺言公正証書も持って行きました。

 

窓口「届け出の用紙に記入して、免許証もお願いします。」

 私「はい。これは、どう書くのですか?」

窓口「専門の係を呼びますので、・・・。」

 私「ここへは、叔父の氏名ですか?」

   ・・・・・・・

  「ええ、亡くなって、私が手続きを。関係は・・・、その他で?」

専門「ええ、それでいいです。」

  「判を押して、それで1週間後からとなります。」

 私「遺言公正証書も持ってきましたが。」

    (確認しなくても・・・はあ、大丈夫ですか。)

    (免許証は・・・?)

  「それでは、お願いします。」

 

途中、係の人が窓口からより詳しい人に変わったのは良いのですが、窓口の人が言っていた免許証がうやむやになり、叔父が亡くなって家族ではない私が手続きをするのに、続柄や身分を証明しなくてもいいのでしょうか?

 

何かあれば連絡が来ますので、その時に説明すればいいかと郵便局を後にしました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村