八ヶ岳別荘生活R75HZのブログ

中古別荘購入から生活できるまでの準備、別荘生活、八ヶ岳周辺のお店などについてのブログです。リタイア後は、八ヶ岳に定住する予定です。

袖口を濡らす

いつもちょっとだけ濡らしてしまって、乾くまで気になるんですよね。

顔を洗うときに気を付けているんですが、袖口を濡らすことが多く、それならと腕まくりをして洗いますが、ひじまでつつつ~っと水が伝ってきます。仕方なく顔を下げ、手と肘を水平にして洗うこともしましたが、油断すると濡らしてしまいます。

そんなことが何年も続いた昨年末のある日、気づいてしまいました。

水を逃がしてやればいいんじゃない?

初めから、手の甲も手首手前まで濡らしておけば、水が横へ落ちるんじゃない?

そうです、顔を洗うときには手のひらで受けますので、手の甲は濡れていません。洗うときに水が手の甲を伝って一直線に手首へ来ますので、袖が濡れてしまうのです。

それからは、手首手前まで手の甲も濡らして顔を洗うようにしました。今のところ、袖口を濡らしたのは2回です。ある程度は気を使う必要がありますが、今までのような洗い方でも袖口が濡れません。これで、毎朝ティッシュで水分を取り、ドライヤーで乾かす作業がなくなりました。

こんなことで騒いでいるのは、私だけでしょうか?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村  

同級会 会場選択

新年に、高校の同級会がありました。

60歳で退職した人はおらず、再雇用か自営業で、皆さん65歳までは仕事をするそうです。経済的な理由以外に、続けるよう頼まれたから、仕事が好きだから、ほかにやることがないからなどがありました。

62歳でリタイアする私は、少々うらやましがられましたが、私よりも早く50代前半で退職したT君がいます。どんな暮らしをしているのかと思えば、特に変わったことをしていることもなく、買い物・ドライブ・旅行程度のものをしているようです。

いや、でもあいつのことだから、人に言えないマニアックな趣味をしているに違いありません。普段、目立つこともなく静かな男ですが、中学時代から最先端の趣味を持っていましたので、何かやっているはずです。口を割らないんだよなあ。

そんなに早くリタイアできたのも、サラリーマン時代の貯蓄に加え、親の財産、駐車場やアパートなどの不動産所得で生活できるからだそうです。

 

さて、みんな歳を取ってきたので、50歳以降私が幹事の時には、地区の新年会、中学の同級会で、椅子での宴会にしましたが、どうもこれは懇親会には向かないのかもしれないと思い始めています。立食であれば自由に動けて、そこそこグループになるでしょうが、椅子では立って動き回る人はほとんどいません。

地域の新年会も前回の和室から、私の担当になり椅子の会食(2回目)にしたところ、誰も移動することなく淡々と進んでいきました。

思い返せば、和室でやったときには、同級会も新年会も、時間が経つとみんな移動して小グループができていました。和室では、どこでも座ることができますから、集まりやすいんですね。

次回は、和室ですることにします。

法事などでは、座り疲れても寝ることはできませんが、同級会なら気になりませんから。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村  

「アマゾンプライム」の詐欺メール

えっ?

いつの間に、プライムに入会していた?

入会した覚えがないにもかかわらず、クレジットカードの期限が迫っていると書いてあります。使っているクレジットカードの期限は、まだまだ先なので、何かの間違いだろうと思いつつ、

ちょっと待って!

期限が1月4日で、メール到着が1月4日・・・怪しい。

 

「アマゾン」になりすまし、クレジットカードの番号を取得する詐欺メールが来ました。

 
Amazon.com
 
 


・・・・・・@・・・・ne.jp様 

Amazonプライムをご利用頂きありがとうございます。お客様のAmazonプライム会員資格は、2019/01/04に更新を迎えます。お調べしたところ、会費のお支払いに使用できる有効なクレジットカードがアカウントに登録されていません。クレジットカード情報の更新、新しいクレジットカードの追加については以下の手順をご確認ください。 
  1. アカウントサービスからAmazonプライム会員情報を管理するにアクセスします。
  2. Amazonプライムに登録したAmazon.co.jpのアカウントを使用してサインインします。
  3. 左側に表示されている「現在の支払方法」の下にある「支払方法を変更する」のリンクをクリックします。
  4. 有効期限の更新または新しいクレジットカード情報を入力してください。
Amazonプライムを継続してご利用いただくために、会費のお支払いにご指定いただいたクレジットカードが使用できない場合は、アカウントに登録されている別 のクレジットカードに会費を請求させて頂きます。会費の請求が出来ない場合は、お客様のAmazonプライム会員資格は失効し、特典をご利用できなくなります。 

Amazon.co.jpカスタマーサービス 
 
  支払方法の情報を更新する   

知らない間に、入会してしまうこともないとは言えませんので、念のためにアマゾンのサイトへ行き「アマゾンプライム」の解約をしてみました。すると、「その必要はない」と表示されましたので、入会していないことになります。

今年になって、アマゾンを利用しましたが、その時も「プライムに入らないか」と誘われましたので、入会していないことは明らかです。

それではと、「支払い方法の情報を更新する」をクリックしてみますと、もうすでにサイトはなくなっていました。

 

追記

本日1月8日にも、再度同じメールが送られてきました。

発信元のメールアドレスは、変わっていました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村  

寝入りが早くなった

こわばった筋肉をストレッチして筋肉をほぐしてもらおうと、マッサージ効果を期待しての「振動ヨガポール」5,777円を昨年末に購入しました。別名「電動フォームローラー」「ストレッチロール」などと呼ばれているものです。4000円台から、27,000円まで、かなりの幅があります。

 

f:id:yatsugatakelife:20190101212310j:plainWETCODEのページから 

 

振動マッサージで体の疲れを解消するもので、ストレッチ効果があり、筋肉が柔らかくなるそうです。肩こりがひどいし、全身マッサージをしてもらおうかと持っていましたので、1回マッサージにかかったつもりで、「1か月使えたらいいや。」ぐらいの気持ちで買いました。

f:id:yatsugatakelife:20190101213116j:plain

WETCODEのページから

風呂からあがって、布団の上で使います。(周りに響くそれなりの振動があるため)画像のように、腰から始めて背中、首、脚と、初めはトータル3分ぐらいです。慣れてきたら、だんだんと時間を延ばそうと思います。

3日間使ってみました。

たった3日間ですが、布団に入ってからの寝入り時間が短くなりました。いつもはなかなか寝付けないのですが、横になってあれこれ考え始めたころには、もう眠っている状態です。

こういったものは、少なくとも1か月使ってみないことには何とも言えません。3日では思い込みも考えられますので、しばらく使って、1か月後もレポートしたいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村  

もういいって? 無料?

今年4月に、凍結のため弁が壊れて、洗面所の混合水栓を交換してもらいました。

請求書を自宅へ送ってくれる予定でしたが、来ないので「7月に請求書を自宅へ送ってくれるよう」再度メールで依頼しました。その後、ポストには変化なし。気にはしていましたが、来なかったら年内にもう一度催促すればいいやと、12月になってしまいました。

山梨では、請求書を忘れてそのままになってしまったり、2、3年後に送られてきたりと、のんびりした業者もあるらしいとは聞いていました。

まさかねえ。

自分が経験するとは。

キツツキの工事をお願いするときに、ついでに支払えばいいやと思っていたら、忙しいらしく、別の業者になりました。それでは、水栓の交換代を支払いますからと、不動産業者から言ってもらったところ、「支払いは、けっこうです。」とのことでした。

えっ?

ただ?

「わが家」の藤田さんは、小さい工事では、「初めての工事で勉強になったから」と言って、けっこう手間がかかっているというのに費用を取らない人らしく、でも、今回は水栓交換で勉強するレベルのものでもないし、材料費がかかっているにもかかわらず、無料となりました。

いいのかなあ。

それでは、来年何か持って行くことにします。 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村