八ヶ岳別荘生活R75HZのブログ

中古別荘購入から生活できるまでの準備、別荘生活、八ヶ岳周辺のお店などについてのブログです。

除湿マットの活躍

1か月ぶりの別荘です。

部屋の湿り気具合がとても心配で、暗きょ排水や除湿マットに期待していました。靴箱、押し入れ下段からマットを出すと、かなり重くなっています。6畳の和室に置いたマットも同様です。部屋に入った感じでは以前のような湿り気を感じませんでしたので、それなりの効果を挙げているのではないかと思われます。

和室の押し入れ上段や戸袋などに置いたマットの重さは、下段よりも軽いです。室内の床から、1m以下の空間が問題かもしれません。

 

漫画本の本棚の裏を調べると、除湿剤のシートをかけておいたにもかかわらず、テレビ横の本箱1つだけにうっすらとカビが発生していました。他の本箱4個には、ありませんでした。

以前、自宅の和室で段ボールを壁に立てかけておいた時に、狭い空間となった段ボールと畳の間にカビが発生したことを思い出しましたので、本箱を無水アルコールで消毒した後、壁から30㎝位離して除湿シートをピンで留め、除湿マットを壁との間の下に置きました。(2週間後、チェックします。)

室内の湿度は、80%でした。

雨が降ると、自宅でも80%になりますので、水が豊富にある大泉の別荘であれば、さらに厳しいですよね。今年の夏は、雨がよく降ったことだし。

持って行った新しい除湿マットを重いものと交換して、重いマットは短時間ではありますが、日光浴をさせて和室に置いて帰りました。また、猫用シリカも容器に入れて、和室に置いてきました。

 

今後の対策

除湿機を買ってから、自宅で洗濯物乾燥機として使っていますが、これを別荘に持って行き、排水ホースを付けて断続運転をしてみようかと思います。(湿度70%にセット)

 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ

お買い得物件 大泉町西井出

今回の物件は、「ベストランド」さんの新着物件です。

お盆の時期に別荘へ向かうと、電柱に中古物件案内の看板がありました。築21年、186坪、850万円に釣られて、ウェブサイトを見てブログを書いています。

建物に手を入れることなく、現状で使用でき、3LDKと別荘にも定住にも使えます。まだ、私が別荘を手に入れていなければ、見学を申し込むでしょうね。

物件番号 402

北杜市大泉町西井出 850万円

土地面積186坪 建物27坪 築21年 3LDK

私営水道 LPG 標高950m

 

私にとって、この物件のマイナスというか不満は、私の知りたいことが載っていないので、物件として良いのかどうなのかが判断できないことです。

1つが、トイレが浄化槽なのか、簡易水洗なのかわからないことです。簡易水洗の場合には、浄化槽に替えたいですから、その分の費用を足して、物件の価格を考えます。(小用トイレは、撤去したいですね。)

2つ目が、周りの環境や庭の様子がわからないことです。気持ちよく別荘を使えるかどうか大きな要素ですから、わからないとイメージがわきません。

3つ目が、物件までの道のりや位置を表す地図がないことです。接道の様子や道幅などの画像もありません。

4つ目が、管理費が必要かどうかわからないことです。

これらは、物件見学で解決できますが、無駄な時間や費用をかけたくないと思えば、できれば前もって知りたい情報です。

 

デッキがありませんし、外壁から別荘という雰囲気は少なめですが、築年数と建物の面積、土地面積から考えたら、お求めやすい価格だと思います。

なお、今さらですが、「お買い得」として紹介している物件は、ウェブサイトから私が好みの物件を挙げているだけですので、不動産業者とは全く関係ありません。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ

除湿対策・猫用シリカゲル

湿気対策として、除湿マットを使用していますが、こんなものがありました。臭い消し用として、猫用のトイレに使う「猫砂 ザ・シリカ」という製品です。(常陸化工 においをとる猫砂 ザ・シリカ4.6L 630円)

 f:id:yatsugatakelife:20170807141519j:plain

素材はシリカゲルですので、除湿剤としても使えます。重さが約2kgあって、前回購入した「豊田化工2,130円2㎏」と比べてかなりお得になっています。ただし、そのままでは使えず、何か袋や容器に移し替える必要があります。布袋でも良いし、靴下に入れてもいいし、そこがクリアできれば3分の1以下の費用で済みます。

まずは、1袋のシリカゲルを使用済みの靴下や、よく旅館でもらう靴下に入れることにしました。

f:id:yatsugatakelife:20170807222930j:plain

袋から直接は失敗するでしょうから、一度バケツに入れてから紙コップですくい、紙コップの端を少し折って、注ぎ口を作ってから靴下に入れます。慣れたら1人でも簡単にできます。その後、口をワイヤ入りのビニル紐(輪ゴムやビニルテープなど)でふさぎます。これで、1袋分です。

f:id:yatsugatakelife:20170807222951j:plain f:id:yatsugatakelife:20170807223040j:plain

紙コップにシリカゲルを入れ過ぎたり、注ぎ損ねたりすると、テーブルに散らばってしまいます。また、袋からバケツやコップに勢いよく注ぐと、微粉が少しですが、舞います。粉末を吸わないようマスク着用や外で作業するなど注意が必要です。

f:id:yatsugatakelife:20170807223017j:plain

問題としては、見栄えが悪いということですね。押し入れや靴・靴箱など、普段見えないところで使うには、問題ないと思います。

 

そこで、何か袋はないかと探しに出て、「100均ショップ」で「お茶出しパック」(大きいサイズ120㎜×95㎜)を買ってきて入れてみました。108円で32枚入り。口を折り返すと蓋になります。作業が面倒です。(^^;

f:id:yatsugatakelife:20170809162225j:plain f:id:yatsugatakelife:20170809162306j:plain

ザ・シリカ1袋4.6Lで、28袋できました。小さすぎるので、靴箱、本箱、洋服ダンスなど狭い所で使うことになりそうです。また、容器に入れるのもいいかと思います。下の画像・青いトレーごと車に置きました。

f:id:yatsugatakelife:20170809162350j:plain f:id:yatsugatakelife:20170809162410j:plain

 

もっと良いものはないかと探していたら、見つけました。掃除機に使われるクリーナーパックです。買い替えたときに、前のパックを捨てずにおいたものです。意外と、これが一番適しているかもしれません。大きさ、袋の作り、耐久性も良さそうです。

f:id:yatsugatakelife:20170811174101j:plain

猫用シリカ1袋4.6Lで、クリーナーパック4個使いました。いっぱいにすれば3個で済むかもしれません。穴には、あまりの「お茶出しパック」を輪ゴムで止めました。面倒であれば、厚紙で穴をふさぎ、荷造り用テープで貼ってしまえばいいでしょう。

f:id:yatsugatakelife:20170811174145j:plain f:id:yatsugatakelife:20170811174238j:plain

もう少し袋に費用をかけてもいい場合には、「100均」で布製の袋を利用すると見栄えもいいと思います。紐があれば、掛けられるし。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ

洗車・・・ホイールが

別荘で洗車をするために買った高圧洗浄機ですが、1泊2日のあわただしい日程と洗車後に雨後の未舗装路を1㎞走ることを考えると、二の足を踏んでしまいます。帰ってから洗車をすればいいのですが、これがまた、ドライブで疲れた後なので、なかなか厳しいものがあります。

それで、比較的余裕のある日にするのですが、草取りをしただけで腰を痛めるレベルの体ですので、汚れたからと何回もそのたびに洗車することができません。若い頃は暇さえあれば、洗車していたのに。(^^;

そういうことであれば、ガソリンスタンドの洗車機でやってもらえばいいものを、ホイールがきれいにならないのが不満で、利用したいとは思いません。そう思っているうちに洗車の機会はなくなり、汚れたまま車庫に眠ることになります。

車庫から出すたびに「洗わないとなあ」と思っていると、たまたま時間のある日に馴染みのガソリンスタンド前を通ったので、まあいいかと洗車してもらうことにしました。すっきりしましたが、スタンドの人も面倒なのか、ホイールだけは大まかにしか洗ってくれません。

それなら「ホイールだけ自分で洗えばいいか」と思い直し、これからは、ホイールは自分でやることにして、それ以外をスタンドできれいにしてもらえばいいやと思うようにしました。マットを洗ってくれますし、室内も簡単ではありますが、きれいにしてくれます。

ワックス洗車と室内清掃で、30分、1,620円です。

文句を言ってはいけない価格ですね。(^^;

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ

「もう手放せない」と思っているもの

別荘生活になくてもいいけれど、あればとても便利、私にとってはもう手放せないものベスト3を挙げてみます。

1位 ビーズクッション・・・疲れたときには、なにより。

ビーズクッションに座ると、もう立ちたくなくなります。(実際、立ち上がりにくいし。^^;)座ると体に沿ってすっぽりと包み込まれます。体に合わせてくれますので、とても気持ちが良いのです。

どんな形にもなりますので、テレビを見るとき、食事をするとき、読書をするとき、昼寝をするときなど、用途に合わせて快適な姿勢になれます。大きめのものをお勧めします。

 

2位 布団乾燥機・・・気持ちよく眠れる。

湿っぽい室内のことを考えれば、夏場にはもちろんのこと、冬場は寒さ対策にもなって、気持ちよく眠れる布団にしてくれる布団乾燥機は重宝します。いつもふかふか状態で安眠できます。

以前は自宅で、袋状のものを布団の間に広げて使っていましたが、今では、枕元から温風を吹き込むタイプもあります。こちらの方が手間がかからず収納も楽で、長く使用できると思います。

 

3位 蚊取り・・・押すだけノーマットスプレー。

私は虫が嫌いで、あぶやカメムシ、カマドウマ、特に蜂、ハエ、蚊が苦手です。刺されると、他の人よりも被害が大きいのです。それで、バッグにはいつもかゆみ止め薬を入れています。

別荘には、虫よけスプレーと蚊取りスプレーが置いてあります。蚊取りスプレーは、ハエや蚊だけではなく、あぶやカメムシにも効きます。ある日デッキでくつろぐときに、網戸やデッキなどにスプレーしたら、あぶが寄って来なくなり快適でした。風の強い日は、ダメかもしれません。

 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ