読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八ヶ岳別荘生活R75HZのブログ

中古別荘購入から生活できるまでの準備、別荘生活、八ヶ岳周辺のお店などについてのブログです。

別荘に家族と行くと・・・

八ヶ岳での生活2016

お盆の時期に、まだ1度も行ったことがない母を連れて、3人で別荘を利用しました。すると、ちょっと困ったことが起きました。

夫婦2人の目的は、「別荘でのんびりすること」「別荘の環境を整えること」なので、特に何もしなくても、草取りであっても、掃除であっても、それらの暇つぶしは楽しいことなんですが、母にとっては「退屈な時間」になってしまいました。(予想はしていましたが)

 

することがないので、「テレビを見る」、しかたなく「草取りをする」など、暇を持て余してしまいます。自宅ではありませんので、別荘へ旅行(旅館)に来ている状態になって、普段の生活パターンがこちらでは通用しません。

普通の旅行であれば、〇〇記念館、道の駅、景色、〇〇見学、土産物店などを経て、旅館についてからは温泉に入ったり、売店(お土産コーナー)に行ったり、景色を見たりと、それなりの楽しみ方があります。

でも、別荘には何もありませんので、テレビを見ているだけです。

それで、「台ヶ原宿」(金精軒・七賢)や「〇〇記念館」、「ぴんころ地蔵」、「三分一湧水」に連れて行くのですが、これをしてしまうと、安全に楽しんでもらおうと母に気を遣う状態になりますので、自分が休んだ気にならなくなります。

 

夫婦の場合には、行きたい場所の好みがほぼ同じですし、食事にも特にこだわりがありませんので、どのレストランへ入るかで揉めることはありません。また、別荘利用のしかたもほぼ同じですので、ストレスを抱えることがほぼありません。

楽しみ方が違いますので、母と行く場合には別荘ではなく「旅館・ホテル」で宿泊する旅行が良いようです。(^^