八ヶ岳別荘生活R75HZのブログ

中古別荘購入から生活できるまでの準備、別荘生活、八ヶ岳周辺のお店などについてのブログです。リタイア後は、八ヶ岳に定住する予定です。

叔父の家 家財の処分

叔父の家を処分するよう任されていますので、近くの不動産屋、カチタスなど、家と土地を引き取ってくれるよう連絡したところ、残念ながら扱ってもらえませんでした。

引き取り手が見つかってから、家財を処分しようと思っていましたが、今のところ難しいようですので、このままにしておくこともできず、業者に家財をすべて処分してもらいました。

費用:32.4万円。

すっきりしました。

家財がなくなって室内が空っぽ、広くなりました。何もないと、なぜか何かしたくなります。使い道も何もないのに、壁を塗りなおしたり、床を貼り直したりなどやってみたくなります。

でも、この家を貸すわけでもなく、自分が使うわけでもないので、しばらくこのままにしておきます。あとは、電気、水道を止めて、登記変更、郵便局へ転送依頼です。

いやいや、まだやることがありました。

古くても、まだ家は使えますので、「安ければ買う人が必ずいる」という不動産屋の人に従って、見た目と測量のために草刈りを業者に頼むことです。ついでに、木はすべて切ってもらいました。(隣人の希望で1本残しました。)費用:16万円

左:3月下旬      右:草刈り、伐採後

f:id:yatsugatakelife:20180622205426j:plain f:id:yatsugatakelife:20180725214700j:plain

実際は、向こうの丘が見えないくらいに丈の高い草が生えていました。

(刈り取る前の画像撮り忘れ)

近くの斜面が災害危険地域になっていたので、この土地もそうかもしれないと思っていましたが、災害危険地域にはなっていませんでした。多少は売りやすくなりました。

 
にほんブログ村