八ヶ岳別荘生活・・・・・・・・R75HZのブログ

中古別荘購入から生活できるまでの準備、別荘生活、八ヶ岳周辺のお店などについてのブログです。今は、コロナ下でリタイア後の生活が主な記事です。

初の大腸内視鏡検査

初の大腸検査で検査前からびびっておりましたが、

結果

「何が大変か」と言うと

「下剤を飲むこと」なんです。

当日の朝6時から、下剤1.6Lと水0.8Lを2時間かけて飲みます。「そんなに飲めるのか?」と思いますが、その間トイレに何度か向かいますので、問題ありません。

でも、積極的に飲める量や味ではありません。

そして、検査を受ける前に、また下剤0.4Lと水0.2Lを飲みます。

 

検査ができる状態になった人から検査準備室に入り、着替えを済ませてベッドで横になり、点滴をします。

いよいよ始まるかと思っていたら、すぐに呼ばれ歩いて検査室へ。

 

検査中の姿勢などの説明を受けて、

「少し痛いかもしれませんが、その時には痛いと言ってください。」

と看護士さんから言われました。

「えっ?本当に言っていいの?」

と答えたら、

「いいですよ。でも、そのまま続けることもあります。」(^^;

「わかりました。できるだけ我慢します。」

(経験者から痛いとは言われていましたので、覚悟していました。)

 

少しお腹が押される感じがしましたが、我慢できる程度でしたし、少し痛いときに「うっ!」と言うと、看護士さん(女性)が、やさしく声をかけてくれるのでかなり安心しました。その声を聞きたさに、少しの痛さでも「言ってみようか。」という余裕も出て、途中からモニターを見る余裕もありました。

 

カメラを抜くときに、ポリープを見ながら摘出(1個あった)も行い、思っていたよりも楽に検査を終えました。胃カメラを飲んだ時よりも楽でした。

 

検査後の結果は、前回の診断通り「虚血性腸炎」でした。原因は、「便秘で力を入れすぎたのだろう。」と言われましたが、体調が良くなかったことも関係しているのかもしれません。同様の原因で再発する人は、20%程度だそうです。その時の状態は覚えていますので、体調を整え気を付けようと思います。

 

ポリープを除去したことで、また1週間消化の良いものを摂ることになり、「アルコール・タバコ・珈琲などの刺激物を避けるように。」と言われました。来週には、ポリープの組織検査結果を聞きに行きます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ