八ヶ岳別荘生活・・・・・・・・R75HZのブログ

中古別荘購入から生活できるまでの準備、別荘生活、八ヶ岳周辺のお店などについてのブログです。今は、コロナ下でリタイア後の生活が主な記事です。

裏庭の竹

どうしよう。

「矢竹」(地方によってはメダケ)という種類なんですが、裏庭のいろいろなところから生えてきます。竹だと思っていたのですが、調べてみたら笹の仲間のようです。切っても切っても生えてくるため、根負けして放っておくとしっかり成長して幹が堅くなってしまいます。

 

竹を駆除するためには、

1、根をすべて取り除く

2、除草剤を使う(+連年皆伐式)

3、1m成長したところでカットする

ことだそうです。

 

1では、

パワーショベルを使い50~100㎝ぐらい土を掘る必要があり、大掛かりになってしまいます。

 

2では、

毎年、同じ時期に(9月から11月が良いらしい)、同じ場所にある竹を一気に伐採して竹を弱らせてから(数年かかる)、除草剤をまいて根を枯らしてしまう方法です。

 

3では、

成長が止まる冬に地面から1mのところでカットしておき、次の成長期に根から送られてくる養分を切り口から噴出させる方法です。2、3年で枯らすことができるそうです。ただ、1mの状態で放置しておくと邪魔になります。

 

裏庭を菜園や花壇で利用していますので、時期を待っていると成長した竹が邪魔になってしまいます。それで、邪魔でない所の竹には除草剤を使い、邪魔な所に芽が出るたびに切って1年ぐらい様子を見ます。

毎年笹を切っていたら、勢いがなくなって生えてこなくなったと聞きましたので、矢竹にも期待が持てます。

 

子供のころは、この竹で木の実を弾にした鉄砲を作ったり、刀の代わりにして遊んだり、凧の材料にしたり、天井のクモの巣取りに使ったりと、とても役に立ったものですが、今となっては花壇・菜園利用で厄介者になっています。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ