八ヶ岳別荘生活・・・・・・・・R75HZのブログ

中古別荘購入から生活できるまでの準備、別荘生活、八ヶ岳周辺のお店などについてのブログです。今は、コロナ下でリタイア後の生活が主な記事です。

ヤマハ コンパクトギターCSF3M

ギター教室での評判が良く、ヤマハのオール単板で定価75,000円のコンパクトギターは2度と出てこない気がして、買ってしまいました。(中国製ですが)

ヤマハ CSF3M

簡易ケース付き

 

今使っているヤマハLL-6JLよりも、音が若々しく元気な感じです。小さいので抱えやすく、コードも押さえやすいです。アルペジオやスリーフィンガーで演奏すると、コンパクトながら音はしっかり出ていると思います。

半面、やや深みに欠ける感じがします。ピックを使ったストロークの場合には、音がまとまらない感じがします。私が下手だから、かもしれません。

マーチンよりも、一回り小さいです。

各画像 左:ヤマハCSF3M 右:マーチン00-28

f:id:yatsugatakelife:20180914215831j:plain f:id:yatsugatakelife:20180914220020j:plain

指の短い人にとっては、フレット間が短く、弦と弦の間隔が狭いヤマハCSF3Mがよりコードを押さえやすいと思います。ただ、弦と弦の間が狭いので、押さえた弦の隣にも触れてしまうことがあります。抱えたときの大きさは、少し小さい感じです。指の細い女性向きの気がします。

フレット間が短く、弦と弦の間が少し広くなっているマーチン00-28は、指の太い人には、コードを押さえやすく弾きやすいです。大きさも、私にとってはちょうど良い感じです。

2つのギターで、伊勢正三の「置手紙」を演奏するときには、ヤマハCSF3Mが曲目に合っていて、中島みゆきの「糸」を弾くときには、マーチン00-28が合っていると思います。

また、ピックを使うときには、ヤマハLL-6Jが合っている気がします。こちらのジャンボギターは、「置手紙」も「糸」も違和感なく弾けます。大きさを気にしなければ、どの曲にも合います。

1本では意識しなかったことが、タイプの違うギターを3本持つことではっきりしてきたことは、大きな収穫です。

(追記)

一番弾きやすいのは、結局のところ「マーチン00-28」でした。慣れるにしたがって、弦と弦の間隔が狭いヤマハLL-6J、CSF3Mは弾きにくくなってしまいました。指が短かいのでネックの細いCSF3Mが弾きやすいかなと思ったのですが、ネックが太くなっても弦間が広い00-28のほうが、指の太い私には弾きやすいギターでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村