八ヶ岳別荘生活・・・・・・・・R75HZのブログ

中古別荘購入から生活できるまでの準備、別荘生活、八ヶ岳周辺のお店などについてのブログです。今は、コロナ下でリタイア後の生活が主な記事です。

カフェプロ 焙煎段階

ダイニチ工業・珈琲焙煎機「カフェプロ」の焙煎設定は、

風味「酸味 標準 苦味」3段階と

煎り具合「やや浅い 浅い やや深い 深い」の4段階に分かれています。

f:id:yatsugatakelife:20210331104909j:plain

これを組み合わせると、珈琲の仕上がりが12段階になりそうです。

実際に、以下1~12の組み合わせで焙煎をして比べてみた結果、ほぼ12段階の仕上がりになりました。焙煎の深い方から並べてみます。

 

12「苦味+深い」・・・フルシティ(深煎り)

11「苦味+やや深い」・・・フルシティ(深煎り)

 

10「標準+深い」・・・シティ(やや深煎り)

9「苦味+やや浅い」・・・シティ(やや深煎り)

8「苦味+浅い」・・・シティ(やや深煎り)

7「標準+やや深い」・・・シティ(やや深煎り)

 

6「標準+やや浅い」・・・ミディアムハイ(中煎りやや深)

5「酸味+深い」・・・ミディアムハイ(中煎りやや深) 

4「酸味+やや深い」・・・ミディアムハイ(中煎りやや深)

3「標準+浅い」・・・ミディアムハイ(中煎りやや深)

 

2「酸味+やや浅い」・・・ミディアム(中煎り)

1「酸味+浅い」・・・ミディアム(中煎り)

  

12の組み合わせのうち、7と8の差はほとんどなく、浅い方から同様な比較となる5と6の差は少しありました。

すべて同じ豆で焙煎比較をしていませんので、 豆によっては差が出にくかったのかもしれません。あとは回数をこなすことでわかっていきますので、だいたいの位置がわかれば十分です。 

(追記)2021.7・8

連続で焙煎すると、同じ焙煎度合いでも1回目と比べて深くなることがわかりました。前の焙煎した熱が残っているからでしょう。そうなると、上記の焙煎度合いの順番が変わってきそうです。

こうなったら、その日の1回目に焙煎した豆を少し残しておいて、同じ豆で比較をすることにします。焙煎したら飲まないといけませんから、日数がかかりそうですが、上記の7~11を比べたら、あとは予想でいけそうです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ