八ヶ岳別荘生活・・・・・・・・R75HZのブログ

中古別荘購入から生活できるまでの準備、別荘生活、八ヶ岳周辺のお店などについてのブログです。今は、コロナ下でリタイア後の生活が主な記事です。

インフルエンザの悪夢

夜になると38℃越えの高熱となり、昼は平熱に戻り、2回繰り返したあとに医者にかかるも、時すでに遅し。点滴治療してもらってから、3日間うなされました。

食べ物がのどを通らず、ポカリスエットさえも、甘ったるくて受け付けないようになり、水、白湯が一番おいしいと思いましたね。

 

1、幻覚が見える

寝ていると、と言っても眠っているという自覚なく、一晩中起きている感じなんですが、森林をバックにして4コマ漫画が1行だけ映し出されます。1・3・4コマ目が同じで、2コマ目は日常の風景でした。

1・3・4コマ目は、コマが小さすぎてなんだかよくわかりません。長方形の白い板に何か草履の鼻緒のようなものがついています。明け方まで同じデザインのまま、朝になってゆっくりとコマが大きくなってきました。

なんと、獣取り用の罠でした。

 

また、明け方までには、バックの森林を亡くなった伯母や父の歩く姿があり、生前と違い若くすらりとしていました。2人が通り過ぎた後、少しして私の名前を呼ぶ声「〇〇〇!」がしました。声をした方を振り返ると、現実に戻って、寝ている和室の入り口のふすまが見えました。

誰も、声をかけていませんので、夢を見ていたのでしょう。

 

2、 体のあちこちが痛い

どんな姿勢をしても、すぐに腰が痛くなります。体の一部に大きな力が加わると、それに連動してどこか痛くなります。「ハンモック」や「トゥルースリーパー」が欲しくなりました。

結局、抱き枕のようなものを抱えて、うつ伏せで寝るのが一番楽でした。それでも、どこかが痛くなりましたが。

24時間✕3日間がこの状態でしたので、時々「あ~!」と声を上げたくなりました。1時的ではありますが、少し気持ちが楽になるんですね。

 

3、視力が戻らない

インフルエンザの熱が下がって、食欲も戻った頃(発熱して1週間後)、何かがおかしい、眼鏡をしても文字がはっきり見えません。2週間後になって、少しずつ戻ってきました。体調不良で視力が落ちたのは初めてでしたので、少し不安でしたが、元気になって戻らなかったら考えようと、けっこう楽観的でした。

 

4、めまいがする

告別式の時に、PCに向かってお香典の記録をしていると肩が凝ってきます。150件程度ですので、大したことはないだろうと思うのですが、もう体がついていかないのですね。私の場合には、特に目からの疲れには注意が必要みたいです。

発熱後に、少し姿勢を変えようとすると「ぐらっ」ときます。今回は、薬を処方してもらい、軽く済みました。

 

5、結果的にダイエット

命を削ってまでのダイエットは、もう2度としたくありませんが、2週間後体重を計ってみると、4㎏減となっていました。食べなければ、当たり前ですね。

これを機会に、食べ過ぎ注意と適度な運動を心がけます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ