八ヶ岳別荘生活・・・・・・・・R75HZのブログ

中古別荘購入から生活できるまでの準備、別荘生活、八ヶ岳周辺のお店などについてのブログです。今は、コロナ下でリタイア後の生活が主な記事です。

茶こしの大きさと粉の量

前回の記事はこちらです。

今回は、ミネックス製(普通の茶こしは目が粗いので不適)

茶こし(ストレーナー)の大きさと粉の量、ペーパーとの味の比較についてです。

   大   中   小

内径 75㎜   65㎜   55㎜

f:id:yatsugatakelife:20210630202911j:plain f:id:yatsugatakelife:20210630202936j:plain

粉の量 約35gまで 約25gまで 約15gまで

もう少し増やしても何とかなりますが、大・中・小で3・2・1人分になっています。

小 15gで抽出

f:id:yatsugatakelife:20210630203506j:plain

15gを大・中・小で淹れてみました。味の違いは、わかりませんでした。

「大は小を兼ねる」でいいと思います。

1か月使ってみました。

茶こしを使うと、野性的というか、珈琲のすべてを受け止めてという感じで、油分や渋み苦みが強く出ます。

ペーパーフィルターでは、すっきり感が出て、比較的甘みも感じられます。

今のところ

私の好みは、ペーパーフィルターで抽出した珈琲です。

 

もしかしたら、何回も淹れているうちに「茶こしでおいしいドリップ」に気づくかもしれませんし、サイズによる淹れ方や量の違いについてわかってくるかもしれませんので、1年後に今回のブログとは違ったことを書くかもしれません。

 

こちらで八ヶ岳生活の情報

こちらで60歳代の生活

こちらで健康的な生活の情報

より詳しく なります。