八ヶ岳別荘生活・・・・・・・・R75HZのブログ

中古別荘購入から生活できるまでの準備、別荘生活、八ヶ岳周辺のお店などについてのブログです。今は、コロナ下でリタイア後の生活が主な記事です。

ドリップポット

自宅でもより楽にコーヒーが飲めるよう「コーヒーメーカーを買おうか。」と思って少し調べたら、水温調節がついているものは高額で、しかもこちらが欲しいレベルではありません。

ハリオ「V60オートプアオーバーSmart7 BT」43,200円 た、高い 水温90、93、96度

TWINBIRD「全自動コーヒーメーカーCM-D457B」34,630円 83度と90度の選択

この値段で水温を1度刻みにできないなんて、ほかのコーヒーメーカーを見るまでもないなと思い、2つを調べた時点で購入をあきらめました。

 

元事務所(自分の部屋)では、いつもペーパードリップで淹れていますので、自宅でも同じ方法で淹れることにしました。予備のドリッパー、サーバー、温度計を使い、あとはドリップポットを加えるだけです。細口を探していると、ありました。

同じ形をした他メーカーのポットがありますが、Webサイトでの伝え方や詳細を読んでみると、これが一番良さそうな気がしました。実際に使ってみると、今までの物よりも使いやすくてお気に入りになってしまいました。600ml用のかわいいポットで、3人分でしたらこれで十分です。2,380円

 

その後、コーヒーメーカーの広告が入ったので、よせばいいのに検索してしまいました。そうしたら、80度から1度刻みで水温調節できる機種があるではありませんか。お値段も手ごろでデザインも独特です。口コミを読むと、何だか面倒くさそうで面白そうです。

Toffyカスタムドリップコーヒーメーカー K-CM6 22,800円 80~98度 1度単位調節

28,000円が、今は22,800円で買える。まあ、なんてお買い得。しかも後1個だなんて!

買いたくなるけれど、一旦、ここはストップしましょう。心惹かれましたが、もうハンドドリップのためにポットを用意しましたので、来年買いたくなってきたときの参考にします。

こちらで八ヶ岳生活の情報

こちらでにほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへに 

こちらで健康的な生活の情報

より詳しく なります。