八ヶ岳別荘生活・・・・・・・・R75HZのブログ

中古別荘購入から生活できるまでの準備、別荘生活、八ヶ岳周辺のお店などについてのブログです。今は、コロナ下でリタイア後の生活が主な記事です。

レーシック どうだろう その後

レーシックの場合には、

・まだ完全に安全性が確立されていない

・老眼まではカバーできないので、近くを見るときにはメガネを使用することになる

・できるならICL(眼内コンタクト:高額)のほうがいい

いずれにしても、60歳以上での手術は体への負担を考えるとおすすめはできないということでした。やってもいいけれど、できればこのまま、メガネ着用がいいだろうということです。

鼻当ての重みが不快でどうしようもないので、それならば着脱の煩わしさはあるけれど、コンタクトレンズがいいのかなと思い、調べてみました。

ところが、こちらも高齢の場合には、目の衰えから病気・アレルギーなど気になることが出始めるので、むしろ高齢になるとコンタクトをやめてメガネを勧められることがわかりました。

 

鼻当ての不快さは頭痛と同じで、気になり始めたらどうしようもないんです。

レーシック、ICL、コンタクトがダメとなったら、気が重い生活を続けないといけないのでしょうか。

そういえば、

「耳あての後ろに重りをつけて、鼻当てにかかる重さの負担を減らすメガネ」

をメガネ屋さんの掲示物で見たことがあります。

近日中に、相談してみます。

 

こちらで八ヶ岳生活の情報

こちらでにほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへに 

こちらで健康的な生活の情報

より詳しく なります。