八ヶ岳別荘生活・・・・・・・・R75HZのブログ

中古別荘購入から生活できるまでの準備、別荘生活、八ヶ岳周辺のお店などについてのブログです。今は、コロナ下でリタイア後の生活が主な記事です。

スバルXV 乗り心地が変わる ダンパー交換

その1からの続き・・・・・・

yatsugatakelife.hatenablog.com

ダンパーの調節が簡単にできることがわかり、自分でフロントの調節をしてみました。

ゴムのカバーを外して、まずは右に止まるまで回します。

次に左に回すと、「カチッ、カチッ」と小さな音と感触が指に伝わってきます。

 

そうしたら、

なんと!

とんでもないことに、

運転席側の前輪はハードからダイヤル「0段階」に設定してありました。助手席側の前輪は、ハードからソフトへ「12段階戻し」でリクエスト通り。

・・・・・・なるほど、それなら硬いわけだ。

 

心配になってディーラーへ行き、後ろも確認したところ(営業担当者の前で)、

運転席側後輪がハードから「0」、助手席側後輪が「2」でした。

「ガチガチじゃん。」

  

整備担当は、何してくれたんじゃあー?・・・って、何もしてくれなかったんだな。

不快な乗り心地ではありませんでしたので、まあいいか。事を荒立てても何の利益も生みませんので、「1つ貸し」と思って、次回何かの交渉で利用することにしましょう。

 

気持ちを切り替えて、ダイヤル「12段階戻し」をして試乗してみました。コツコツとした乗り心地が少なくなり、柔らかい感じがします。でも、替える直前のダンパーの不安定な柔らかさではなく、しっかりとした安定感があります。

 

自分で簡単に変えられるので、ダイヤルを2つ動かして「14戻し」にしてみました。

ふわふわ感が少し増して、さらに柔らかい乗り味となりました。ただ、少しフラットに走る安定感がなくなりました。乗っているうちに、だんだんと慣れてきて違いの差がわからなくなってくるものですから、走るコースを設定して、標準の8から14、10、6,12の順で試してみました。

「8戻し」・・・路面のきれいな所では、スーッと気持ち良く走ります。

         高速中心の場合には、こちらのほうが合っている気がします。

「14戻し」・・・かなり柔らかく感じます。少しふわつく感じがします。

「10戻し」・・・少し硬く感じます。8との差はわかりません。

「6戻し」・・・少し硬くなったかなと思う程度で、

         10と比べても大きく変わった気がしません。

「12戻し」・・・柔らかめの乗り心地が好みの場合には、このあたりが良さそうです。

 

バイパスの一部を利用して試してみました。もっといろいろな場所で試す必要があるのかもしれませんが、12戻しでしばらく走ってみます。柔らかさの恩恵を忘れたころに、4戻しや8戻しなど変更してみたいと思っています。

こちらで八ヶ岳生活の情報

こちらでにほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへに 

こちらで健康的な生活の情報

より詳しく なります。